ポーカーのルール、初心者に解説

この記事では世界で最もメジャーなポーカー、テキサスホールデムのルールについて、初心者でも分かりやすいように画像を多めに混ぜて解説しています。

ホールデムの基本

ポーカーでは2人以上のプレイヤーが残り続ける限り、5つのステップを進めていきます。しかし、残ったプレイヤーが1人になった場合、ステップの途中でもゲームは終了し、残ったプレイヤーがチップを総取りするゲームです。

ポーカーの5ステップ。1プリフロップ、2フロップ、3ターン、4リバー、5ショーダウン

 

ベッティングラウンド

ポーカーには4つの ベッティングラウンド に分かれています。ベッティングラウンドでは生き残っているプレイヤーが ベット するかどうかを決めます。それぞれ ベット 額が一致するまで、 ベット が繰り返されて、参加プレイヤー全員のベット額が一致すると次の ベッティングラウンド へ進みます。

プリフロップ・フロップ・ターン・リバーではチップを賭けることができる。

4つの ベッティングラウンド それぞれの名前を順番にプリフロップ→フロップ→ターン→リバーと呼びます。計4回のベッティングラウンドを終えると、お互いのカードを見せ合いカードの強さで勝敗を決めます。これを ショーダウン と言います。

ただし途中で降りてしまい、生き残っているプレイヤーが1人しかいなければ、その時点で生き残ったプレイヤーがポット(ゲーム中に賭けた全チップ)を獲得します。

上級者同士の対決では、ほとんどのゲームが ショーダウン まで辿り着かずに勝敗が決まります。

 

ショーダウンで勝敗の決め方

勝敗の決め方が分からないと、ゲームのプレイの仕方が分からないので、最初に解説します。

ショーダウンでは、2人以上が残ればカードの強さで勝敗を決める

4回の ベッティングラウンド が終了して2人以上のプレイヤーが残っていたらショーダウンします。この時、場に出ている5枚の共通カードと2枚の手札の計7枚から、役の強さを競います。

手札は2枚。場に5枚の共通カードが出る。計7枚で役の強さを競う

ショーダウンの例 その1

自分の手トランプでスペードのエーストランプでハートのエース

共通カードトランプでダイアのエーストランプでハートの10トランプでダイアの10トランプでクラブの9トランプでクラブの8

相手の手トランプでダイアのクイーントランプでダイアのジャック

この場合、あなたの役はトランプでスペードのエーストランプでハートのエース トランプでダイアのエース トランプでハートの10トランプでダイアの10でフルハウス

相手の役はトランプでダイアのクイーントランプでダイアのジャック トランプでダイアの10トランプでクラブの9トランプでクラブの8でストレートとなります。最初は慣れずに理解するのに時間がかかりますが、慣れれば誰でも瞬時に分かるようになります。

ショーダウンの例 その2

自分の手トランプでスペードのエース トランプでダイアのクイーン

共通カードトランプでダイアのエース トランプでハートの10トランプでダイアの10トランプでクラブの9トランプでクラブの8

相手の手トランプでハートのエース トランプでスペードの3

この場合、あなたの役はトランプでスペードのエーストランプでダイアのエーストランプでハートの10トランプでダイアの10トランプでダイアのクイーンでツーペア

相手の役はトランプでハートのエース トランプでダイアのエース トランプでハートの10トランプでダイアの10トランプでクラブの9で同様にツーペアです。

7枚の中から最も強い手となる5枚で競うので、相手は手札にあるトランプでスペードの3ではなく、場に出ているトランプでクラブの9を使用しています。役が同じ場合はペアになっていないカード(これをキッカーと呼びます)も含めて強さを決めます。この場合、Aと10は両者同じ様にペアになっていますが、ペアになっていないカードQは9より強いと決められているので、あなたの勝利となります。

次にあなたがゲーム中に行える4つのアクションについて解説します。

 

アクション

あなたがゲーム中に行えるアクションには4つしかありません。

レイズ

賭けるチップの量を吊り上げることです。自分の番であればいつでもレイズすることが出来ます。またレイズする時は、レイズする額を決める必要があります。発声しても良いですし、チップを黙って出しても良いです。強い手を持っている場合はレイズして大きな ポット にした方が良いです。レイズで手持ちのチップを全て賭けることをオールインと呼びます。

フォールド

既に誰かが ベット していて、チップを出したくない場合に、カードを捨てゲームから降りることです。ゲームが終わるまでは復帰することは出来ません。

チェック

誰も ベット していない状況で、ベットせずに自分の番をスキップすることです。誰かがベットしている場合は、チェックすることは出来ません。

コール

最高額の ベット をしている人と、同じチップ量を出すことです。始めたばかりのうちは、相手に合わせるためにコールを多用しがちですが、強いと思った時はレイズ、自分の手が弱いと思ったらフォールドして、コールの回数を減らしましょう。

レイズ、チェック、フォールド、コールの意味の説明

アクションの順番

アクションする人はディーラーボタンを基準にします。ディーラーボタンとはプレイヤーの前に置かれた特別なチップのことで、順番を把握する為だけに使われます。ディーラーボタンが置かれたプレイヤーの左隣から時計回りで順番にアクションを決めます。

ディーラーボタンの左隣から時計回りでアクションを決める

ボタンの位置はゲームが終わるたびに時計回りで移動します。

ボタンに関しての注意
ディーラーボタンは省略されてボタンと呼ばれることがありますが、ディーラーボタンが置かれたプレイヤーのことをボタンと呼ぶことも頻繁にあります。

 

プリフロップ

一番最初のベッティングラウンドをプリフロップと言います。

2枚のカードが配られてアクションを決めるプリフロップ

プリフロップでは2枚のカードを配られて、アクションを決めるベッティングラウンドです。ボタンの左隣はSB(スモールブラインド)、更にその左隣はBB(ビッグブラインド)と言い、ゲーム開始時に1回だけ強制的に ベット します。

スモールブラインドとビッグブラインドは最初だけ強制的にベット。ビッグブラインドの次のプレイヤーから自由にアクションを決められる

アクションは、ボタンを基準に時計回りに順番に行いますが、プリフロップだけビッグブラインドの左のプレイヤーからは自由にアクションを決めることが出来ます。

あなたがプリフロップでどのようなアクションを起こすかは、あなたの手札と他の参加者数を考慮して決めます。

プリフロップで考えること

手札が強ければレイズする
手札が弱ければフォールドする

他の参加者がいなければ多少弱くてもレイズする
他の参加者がいれば多少強くてもフォールドする

プリフロップで参加者の ベット 額が一致したらフロップへ進みます。

 

フロップ

フロップでは、コミュニティカードと呼ばれる3枚のカードが出てきます。

フロップでは場に3枚の共通カードが出る

最終的には5枚のコミュニティカードが登場しますので、自分の手や相手の手が今後どのように変化するのかを推測しながらアクションを決めます。アクションを決める順番はボタンの左にいるプレイヤーから時計回りの順番です。

フロップでは場に3枚のカードが出る

フロップで考えること
自分の役が強ければベットする
相手の役が強ければ降りる自分の手が強くても逆転される可能性が高ければ チェック or フォールド
相手の役が強くても逆転できる可能性が高ければベットする

フロップでワンペア以上の役が出来る可能性は1/3以下です。そのためワンペアが出来ていれば強いと考えて良いでしょう。ただし、コミュニティカードだけでワンペアが出来ている場合は、相手も同様にワンペアが出来ていることになります。その場合は、手札が相手より強いかどうかを考えましょう。

逆転される可能性とは主にストレートやフラッシュについてです。

逆転される可能性

あなたトランプでダイアのエーストランプでハートの9

共通カードトランプでクラブの9トランプでクラブの8トランプでクラブの7

あなたは既にワンペアが出来ています。しかし相手はストレートやフラッシュが既に出来ている可能性も0ではありません。しかもクラブが3枚出ているので、1枚でも相手がクラブを持っていたら、もう1枚クラブが場に出ることでフラッシュが完成します。さらに10や6を持っていたら、ストレートも完成しやすい状況です。

もし仮に相手がトランプでダイアのキングトランプでクラブの10を持っていたら、現状はあなたが勝っています。しかし逆転される可能性は約67%と非常に高いです。もちろんプレイヤーが3人以上いたら、この ボード をワンペアだけでベットするのは危険です。現状は勝っていても降りた方が良いです。

フロップで参加者の ベット 額が一致したらターンへ進みます。

 

ターン

コミュニティカードが1枚追加されて計4枚出ています。

場に今井の共通カードが追加される

ボタンの左にいるプレイヤーから時計回りの順番にアクションを決めます。

ターンでは場に4枚のカードが出る

ターンで考えること
自分の役が強ければベットする
相手の役が強ければ チェック or フォールド

もしターンの時点で自分の手の方が相手より強ければ、最後の1枚のカードが出ることで相手が逆転する可能性は、どんな手を持っていたとしても50%を切っています。

ターンで参加者の ベット 額が一致したらリバーへ進みます。

 

リバー

コミュニティカードが1枚追加されて計5枚全てのカードが出揃います。

リバーでは場に最後の共通カードが1枚追加される

ボタンの左にいるプレイヤーから時計回りの順番にアクションを決めます。

リバーでは場に5枚のカードが出る

リバーで考えること
自分の役が圧倒的に強ければベットする
自分の役が勝っているのか負けているのか分からなければ チェック or コール
自分の役が負けているのであれば、 チェック or フォールド

リバーで参加者のベット額が一致したら、ショーダウンでカードを見せ合います。そして最も強い役を作った人が ポット にあるチップを全て獲得することが出来ます。ポットを獲得する人が決まれば、1ゲームの終了となります。

その後、カードをシャッフルしてディーラーボタンを左隣に動かしてプリフロップから始まります。

 

ポーカーのルールまとめ

一度に覚えることが沢山あって混乱すると思うので、最後にまとめました。

アクションは4つのみ
  • 賭け金を上げるレイズ
  • チップを賭けずにパスするチェック
  • レイズした人と同額のチップを賭けるコール
  • ゲームを放棄するフォールド
ベッティングラウンドは4回のみ
  1. 手札が2枚配られるプリフロップ
  2. 共通カードが3枚出てくるフロップ
  3. 共通カードが1枚追加されて計4枚になるターン
  4. 共通カードが1枚追加されて計5枚になるリバー
チップを獲得する手段は2つ
  • ショーダウンで相手よりも強いハンドを持つ
  • ベットして相手を全員降ろす

ポーカーは「覚えるのは1分、極めるのは一生」と言われているゲームで、ルールは一度覚えてしまえば難しくありません。「習うより慣れろ」ですので無料で出来るアプリからポーカーを始めてみましょう。

おすすめの記事