ギャンブラーからチップを貰う、それがポーカー
  • ポーカーはどんなゲームなのか?
  • 運が良い人が勝つだけのギャンブルなのか?

などを解説します。

ポーカーとは

ポーカーとはトランプを使い、プレイヤーが5枚のカードで作った役の強さを競うゲームです。世界で最も人気のあるテーブルゲームで、世界中で大会なども開かれています。2020年時点では、日本にはカジノが無いためポーカーの認知度は低いですが、日本にカジノができれば、ポーカーの大会が開かれて認知度が大きく上昇するでしょう。

ポーカーには様々なルールがあり、日本では手札を5枚持つドローポーカーが一般的です。海外では手札が2枚のテキサスホールデムが圧倒的に人気で、日本でもカジノ建設を機にテキサスホールデムがメジャーになるでしょう。このブログでも主にテキサスホールデムについて解説しています。

 

ポーカーのメリットとデメリット

ポーカーをまだ始めたことがない人にとってメリットとデメリットを紹介します。

ポーカーのメリット

ポーカーを娯楽として楽しめることは勿論ですが、楽しさ以外にもポーカーのメリットは3つあります。

大金を稼ぐことが出来る

時々ニュースで話題になることもあるのですが、普通の人が一瞬で億万長者になることもあります。ポーカー大会で過去最大の賞金額は20,537,187ドルです。日本円にして21億円ほど…。この時の大会では8位でも2億円ほどの賞金です。これほどまでに巨額な賞金を手に入れることが、誰でも可能なことがポーカーの魅力でしょう。

 

色んな人に出会える

有名人でポーカーをやっている方は沢山います。スポーツや芸能の人だけではなく、企業の社長・役員や、会社を売却してリタイアした富裕層、投資銀行・ファンドマネージャー・外交官など、僕は多くの方とお会いしました。ポーカーをきっかけに出会った人と一緒に仕事をしたり、友人になったりとポーカーは普通の世界で会えない人と仲良くなれます。

 

人生が変わった人が少なくない

ポーカーで油田を手に入れたり、凄い給料で雇われたりとポーカーをきっかけとした凄いエピソードは沢山あります。日本ではギャンブルは禁止とされていますが、僕は大使館でやるポーカーに誘われたことがあります。大使館は日本の法律が適用されないんですよね。そんな場所に出入りする人と仲良くなれば、誰でも人生が変わるでしょう。

 

ポーカーのデメリット

ポーカーは良い事だけではありません。ポーカーでお金をかけることで、お金を失う可能性があります。ポーカーでお金を失わないためには、欲望に流されずお金を管理できるメンタルが必要です。趣味などにお金を使うのと同じような範囲で、ポーカーに使うお金を決めましょう。生活費など大切なお金を使うことは絶対にダメです。

 

ポーカーは将来得られるお金・仕事・人との出会いのために、ゆとりをもってやりましょう。

 

ポーカーをする有名人

ポーカーをする有名人は本当に多いです。参考までに各界のスターを集めてみました。

クリスティアーノ・ロナウド(サッカー選手)
ラファエル・ナダル(テニス選手)
マイケル・フェルプス(水泳選手)
ブラッド・ピット(俳優)
レオナルド・ディカプリオ(俳優)
マット・デイモン(俳優)
ベン・アフレック(映画監督)
マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックの創業者)
ビル・ゲイツ(マイクロソフトの創業者)
ウォーレン・バフェット(投資家)
バラク・オバマ(元大統領)

世界中の人がやってるんじゃないかというぐらい、ポーカーをやる人は多いです。以前、僕はシェアハウスに住んでいたことがあるのですが、初日から外国人に「ポーカーできる?やろうよ!」と誘われました。日本人感覚で言うとババ抜きぐらいの認知度ですね。

 

ポーカーが海外で人気になった理由

元々人気があったポーカーですが、2003年を機にポーカーの人気に火が付いて爆発的に広まりました。なぜなら、ポーカーの世界大会で優勝した人が、カジノでポーカーを一度も経験したことが無い人だったからです。彼の名前はクリストファー・ブライアンで、ポーカーはオンラインでしか経験がないアマチュアのポーカープレイヤーです。そして当時27才のクリストファー・ブライアンは86ドル(約9,000円)の参加費で250万ドル(約2億7000万円)の賞金を手に入れたのです。

moneymaker

この様子はアメリカ全土にテレビ放送されて「自分にも出来るかも!」と思う人が増えたことで、ポーカー人口が急激に増加しました。2003年の優勝賞金は250万ドルでしたが、2019年の最高優勝賞金額は約2,000万ドルで8倍になっています。ポーカーの賞金は参加者数と比例しているので、今後も賞金額は増えることが予想されます。

 

ポーカーはギャンブル?

ポーカーはギャンブルなのかを話す前に、そもそもギャンブルとは何かを解説します。ギャンブルとは、勝負事の結果に応じて、敗者は賭けた金品を失い、勝者が金品を得るゲームのことです。ギャンブルは二つに分けることが出来ます。

賭事(とじ)

賭事とは賭け事の結果に関与できないゲームの事です。宝くじ・ルーレット・競馬・スポーツくじなどが当てはまります。胴元が取るお金が大きいため、運が良くないと利益を出すことは難しいです。長くやればやるほど損が増え続けるギャンブルと言われています。

博戯(はくぎ、ばくぎ)

博戯とは賭け事の結果に関与できるゲームの事です。麻雀・ゴルフ・ポーカーなどが当てはまります。これらのゲームは自分の実力を高めることで、安定的に収入を増やすことが出来ます。そのためプロとして活動している人も少なくありません。ただし胴元が様々な名目で手数料を徴収するため、同じぐらいの実力同士の人が戦っても、胴元に手数料だけ取られて損をすることになります。安定して勝つためには自分より弱い人と戦うこと以外ありません。

 

ポーカーはカテゴリーとしてはギャンブルに入りますが、実力次第で稼ぐことが出来るので、競馬や宝くじなどとは違うゲームです。僕は仕事だと思っていますし、稼ぎ続けている人はギャンブルという感覚は無いと思います。

 

ポーカーは運のゲームじゃないの?

ポーカーは1ゲーム単位で見ると運により結果が左右されます。そのためポーカーの実力を見るためには100や1,000、もしくは10,000ゲーム単位で考える必要があります。例えばサイコロを振って、1が出たら10,000円もらえる代わりに、他の数字が出たら1,000円払うゲームがあったとします。期待値は+833円でやればやるほど儲かるゲームですが、1ゲームごとの結果はどうなるのかは分かりません。

1ゲームやった結果は、10,000円増えているか、1,000円損しているかです。83%の確率で1,000円損するので、損する人がほとんどでしょう。ただ、このゲームを100万回繰り返すことが出来れば、833×1,000,000でだいたい8億3300万円ぐらい儲かっているはずです。

ポーカーで勝ち続けている人はこのように考えています。儲かるゲームに参加し続けることでお金が増えるのです。短期的には運で結果が左右されるゲームですが、長期的には実力で結果が左右されるゲームがポーカーです。

 

ポーカーはどこで出来る?

ポーカーをするための合法で現実的な手段は3つだけです。

無料アプリ

一番気軽に始めることが出来るのは、無料アプリですね。アプリをダウンロードする画面で、ポーカーと検索すれば気軽に始めることが出来ます。

注意
日本に居ながらウェブ上でお金を賭ける行為は、日本ではグレーゾーンです。過去の摘発情報を見ると、日本人だけをターゲットに営業している会社は、海外サーバーであろうと違法のようです。お金を賭けなければ法律とは無縁なので気にする必要はありません。

 

アミューズメントポーカー

大きい街であれば、チップを購入して遊べるアミューズメントポーカーが増えています。チップを現金に換金することは出来ませんが、楽しみながら上達したい人にはオススメです。

 

海外のカジノ

お金をかけて合法的にポーカーをしたければ、海外のカジノに行く必要があります。僕は世界トッププレイヤーではありませんが、いまだにカジノで負けたことがありません。なぜなら、自分より弱い人と戦うからです。ここでポーカーの有名な格言を一つ紹介します。

周りを見渡してカモがいないのなら誰がカモなのか明白である

どれだけ自分のスキルを上げたところで、自分よりも強い人と戦うとお金は減ります。しかし、さほど強くなくても自分よりも弱い人と戦えば、お金を増やすことが出来ます。日本でカジノが建設されるまでは、海外のカジノに行かないとお金を賭けることは出来ないようです。

おすすめの記事