ブラフを制する者はポーカーを制する

ポーカーを始めたばかりの初心者にとってブラフとは、目の前にあるチップを奪うためのものです。しかし本来のブラフとは、ポーカーを自分にとって有利に進めるために必要なものです。この記事ではブラフの基本的なことについて解説しています。ポーカーを上達したいと思っている方は必ず最後まで読んでください。

ブラフとは

ブラフは英語のbluffで「自分を大きく見せる」という意味です。日本語の「ハッタリをかける」と近い意味ですが、「ブラフ」の方が「人を騙す」意味を多く含んでいます。

ブラフと似た言葉に嘘があります。嘘は相手を騙すつもりがなくてもしてしまうことがありますが、ブラフは自分の立場や状況を優位にするために自分を大きく見せて騙すという意図が含まれています。また、嘘は言葉だけで完結しますが、ブラフは言葉以外にも表情や雰囲気、態度などを利用して相手を騙します。

ポーカーでブラフとは、強い手を持っていないのに、強い手を持っているかのようにベットすることを指します。日常でブラフをする人は嫌われるでしょうが、ポーカーで勝つためにはブラフは非常に重要なテクニックの一つです。

 

ブラフのメリットとデメリット

ブラフにはメリットとデメリットがあります。しっかり理解してから実践で使いましょう。

ブラフのメリット

ブラフのメリットは自分が強いハンドを持っていなくてもポットを取れる可能性があることです。初心者同士のゲームだと、 ショーダウン することが多いので、あまり効果的ではありませんが、ある程度のレベルになると ショーダウン するゲームが少なくなるので、ブラフを上手に使いこなせる人がチップを増やしていきます。

 

ブラフのデメリット

ブラフのデメリットは相手がフォールドしなかった場合、賭けたチップが無駄になってしまうことです。さらに、ブラフがバレると「この人はブラフをする人なんだ」とイメージが悪くなり、あなたのベットがコールされやすくなります。

 

ブラフの種類

ブラフには二つの種類があります。

ピュアブラフ

ピュアブラフとは、ほぼ確実に負けている状況で相手をフォールドさせるためだけにベットすることです。主に リバー などで使われることが多いのですが、ピュアブラフは控えましょう。 ポット を大きくするのは、あなたが有利な状況だけにしましょう。不利な状況で ポット を大きくしてもチップを失うだけですし、上手くいったとしても「この人はブラフをする人なんだ」というイメージが付き、その後のゲームで相手を フォールド させることが困難になります。

 

セミブラフ

セミブラフとは、負けている可能性が高いけど逆転できる可能性がある状況で、相手のフォールドを期待したベットのことです。

セミブラフのよくある例

ハンドトランプでスペードのエーストランプでスペードの5

ボードトランプでスペードの2トランプでスペードの7トランプでハートのジャック

いま、あなたの役はAハイです。 ワンペア にすら負けている状況ですが、もう一枚スペードが出れば フラッシュ が完成します。現時点では弱いけど、将来強くなって相手を倒せるかもしれない状況でベットすることがセミブラフです。実際に フラッシュ が完成するかどうかは分かりません。でも相手が フォールド すれば、結果は関係ありません。あなたは最終的に強いか弱いか分からないハンドで ポット を獲得したことになります。これがセミブラフです。

今回の例でセミブラフする人が考えていること
  • 目の前のポットが手に入る可能性がある
  • コールされても34%の確率でフラッシュが完成する

 

ブラフで大事なこと

ブラフで大事なことは4つあります

ピュアブラフは控える

あなたのイメージを悪くするピュアブラフは控えましょう。チップを増やすことはいつでも出来るので、ピュアブラフをしてまで目の前のチップを取りにいく価値はありません。

 

フォールドしない相手にブラフしない

ブラフは、フォールドできる判断力を持った人にだけ効果があります。フォールドしない相手であればブラフを仕掛けるのは止めましょう

 

コミットしている相手にはブラフしない

スタック が小さく20BB以下しか持っていない人や、自分の スタック をポットに半分以上入れている人にはブラフは通用しません。彼らと戦う時はちゃんと強いハンドで戦いましょう。

 

見破られるブラフをしない

ブラフをする際には持っているハンドの一貫性が必要です。例えばあなたが20回に1回しか参加しないプレイヤーだとします。

一貫性のないブラフ
あなたは20回に一回しか参加していない
ボードトランプでクラブの5トランプでダイアの4トランプでスペードの3

このボードであなたがどれだけベットしても、相手からは最も強くてAAのワンペアとしか思われません。ツーペア、ストレートの可能性はゼロに近いと判断されます。そのため、相手がツーペア以上の手を持っていたら、フォールドすることはありません。逆に参加率50%の人がこのボードで強く出てきたら、ストレート・セット・ツーペアの可能性を警戒しなければなりません。

一貫性のあるブラフ
あなたは20回に1回しか参加していない
ハンドトランプでスペードのジャックトランプでハートのジャック
ボードトランプでスペードのエーストランプでハートのキングトランプでクラブのクイーン

プリフロップでは強かったトランプでスペードのジャックトランプでハートのジャックもフロップではA,K,Qのいずれかを持っている人に負ける弱い手になってしまいました。

しかし、このボードであなたが強くベットすれば、相手は「あなたがツーペア以上のハンドを持っているかも…ワンペアだけでは戦えない…」と考えて降りてくれる可能性があります。これが一貫性のあるブラフです。

ブラフで大事なこと
  • ピュアブラフは控える
  • フォールドできる相手にだけブラフする
  • コミットしている相手にはブラフしない
  • 一貫性のあるブラフをする

 

ブラフの成功率を上げるには

ブラフの成功率を上げるには、あなたがタイトプレイヤーであると認識してもらう必要があります。

タイトプレイヤーと認識してもらうために出来ること
  • 参加率を減らす
  • ピュアブラフをしない
  • 大きなポットで強いハンドをショーダウンする
  • すぐにオールインしない
  • マックしない

タイトプレイヤーとして認識してもらえるとベットの信ぴょう性が高まります。プレイ中のアクションに気を付けて、タイトプレイヤーとして認識してもらいましょう。

もちろんルーズプレイによりブラフに信ぴょう性を持たすことも出来るのですが、難しいので初心者は止めておきましょう。

 

ブラフしやすいボード

ブラフしやすいボードとブラフしづらいボードがあるので、気を付けましょう。

ブラフしやすいボード
モノトーンボードトランプでスペードの9トランプでスペードの5トランプでスペードの2
モノトーンボードとは、フロップでフラッシュが完成している可能性があるボードです。スペードのハイカードを持っていればセミブラフとしても成立します。ツーペアでは大きなポットのプレッシャーに耐えられないので、ブラフをしやすいボードです。

 

コネクトボードトランプでスペードの8トランプでハートの7トランプでクラブの6
コネクトボードとは、フロップでストレートが完成している可能性があるボードです。ハンドレンジが狭い人と戦う時には、絡んでいない可能性が高いミドルカード以下のストレートボードは強いです。オーバーペアだけでオールインできる人でなければ、大きなポットのプレッシャーに耐えられないでしょう。

 

ペアボードトランプでハートの8トランプでクラブの8トランプでダイアの3
ペアボードは場に出てくる数字が二種類しかないためポケットを持っていないプレイヤーがヒットする確率が36%から24%へ減少します。4回に1回しかヒットしないことを考えると、ペアボードはブラフしやすいボードです。ただし相手がポケットを持っているとコールされやすいので、自分のイメージを考えながらベットしましょう。

ブラフしやすいボードだからといってブラフが成功する訳ではありません。あなたのイメージや、相手から見たあなたの想定レンジを考えながらブラフをしてください。

 

ブラフ成功のカギはあなたのイメージ

ブラフはその場のプレイの仕方ではなく、それまで築いたあなたのイメージが成功率を変えます。ブラフを成功させるためには、あなたのアクションにブラフはないと思ってもらいましょう。

この記事のまとめ
  • ブラフは自分の状況を有利に進めるために行う
  • ブラフは上手くいくとチップを奪える
  • ブラフに失敗すると多くのチップを失い、その後のブラフ成功率も下がる
  • 逆転できる可能性のあるセミブラフはやる!ピュアブラフは控える
  • フォールドしない相手にブラフはしない
  • プレイに一貫性を持ってブラフする
  • タイトプレイヤーだと思ってもらう

ブラフが上手い人はポーカーが上手い人です。自分に有利な状況になるようなブラフが出来るようになりましょう。

おすすめの記事