オールインに勝率50%でコールしちゃダメ

ポーカーではプリフロップの段階で丁半博打のようにオールインする人、またはそのオールインにコールする人がいます。もし、あなたがポーカーをギャンブルとして楽しみたいのであれば、丁半博打のスリルを楽しめば良いと思います。

しかし、ポーカーで稼げるようになりたいと思うのであれば、プリフロップのオールインにコールすることが稼げるプレイなのかどうか1度考えるべきです。この記事では、プリフロップのオールインについて解説しています

勝率50%あればオールインできる

もし、あなたのハンドの勝率が50%あるなら、オールインすることは期待値がプラスになります。

勝率50%でオールインできる理由
  • 相手が降りればポットを獲得できる
  • 相手が降りなくても勝率50%ある

弱いポケットは多くのハンドに対して勝率50%ほどあります。勝率50%なら博打じゃないかと思うかもしれませんが、オールインすることで相手がフォールドする可能性があります。相手がフォールドすれば、ノーリスクでポットを獲得できます。これをフォールドエクイティと呼びます。

フォールドエクイティがあるので勝率50%でオールインすることは期待値がプラスになるのです。

 

勝率50%でオールインにコールできない

勝率50%あればオールインにコールすると確実に損をすることになります。

勝率50%でオールインにコールすると損をする理由
  • 相手は既にオールインするので、相手がフォールドすることはない
  • レーキがかかる

先にオールインするプレイヤーには相手がフォールドすることにより得られるフォールドエクイティがあります。しかし、オールインにコールする場合は、フォールドエクイティはありません。

ただし、オールインにコールするとレーキ(手数料)がかかります。レーキはカジノ毎にルールが少しずつ異なるのですが、フロップ以降で勝敗がついた場合に、ポットの5%をレーキとして徴収されるルールが一般的です。プリフロップでもオールインにコールすると、自動的にショーダウンまで進むので、必ずレーキがかかるのです。

つまり勝率50%でオールインに100ドルのチップを出した場合、負けたら100ドル失いますが、勝ってもポットの200ドルからレーキの10ドルが引かれて、190ドルしか戻ってきません。確実に損します…。このケースで、必要な勝率は53%です。つまりローポケでオールインにコールすることはチップを減らすことに繋がります。

 

オールインにコールできる状況

オールインにコールできる状況は2つしかありません。

既にベットしている

自分のスタックのうち5%以上のチップを既にベットしている場合は、勝率50%でもコールすることができます。もしくは、あなた以外のベットしたプレイヤーがフォールドするのであればOKです。ただし、フォールドが確定していないと成立しないので、自分の番でも無いのにカードをマックするなどしない限り、そのような状況はありません。

 

イメージ操作

ポーカーでは自分のイメージをコントロールすることが非常に重要です。あなたにオールインしてもコールすることが分かれば、相手の中であなたに対するオールインレンジが再構築されます。2のポケットでオールインにコールする人であることが分かれば、あなたのプレイを見た全プレイヤーはあなたに対して、強いポケットが来たらオールインすればコールしてくれるかもしれないと思うでしょう。

ただ、これは高度な戦略になるので、現時点では「そんなこともあるのか…」ぐらいの認識で良いでしょう。あなたのポーカースキルが上達すれば、いつかこの言葉を思い出すことになります。

 

相手よりも強いハンド

相手よりも強いハンドを持っているのであればオールインにコールしましょう。そのためには相手のオールインレンジを知る必要があります。どれほど頻繁にオールインしているのかが分かれば、オールインレンジが分かります。そのデータが無い限りは、プレミアムクラスのハンドでない限り、コールはしないようにしましょう。

 

オールインにコールしない方が良い

オールインにコールしてもあまり良いことがありません。

オールインにコールしない方が良い理由
  • 相手にヒントを与える
  • ルーズだと思われる
  • 収支が大きく変動する

相手にヒントを与える

相手に自分がプレイしていたカードの情報を与えることは自分の手の内を晒すことになります。ポーカーは情報の戦いであるため相手にヒントを与えることは、自分の将来の利益を少しずつ削ることになります。意味も無く情報を相手に与えるのは止めましょう。勝率50%のギャンブルで、あなたの情報を与えることは情報面で大きな損失になります。

 

ルーズだと思われる

初心者にはタイトなプレイを僕は推奨します。なぜなら、タイトのイメージを持たれていた方が圧倒的にプレイしやすいからです。もちろんルーズプレイでも稼げる人はいますが、初心者には難し過ぎます。

あなたがベットをした時に相手が抱く印象
タイトプレイヤーとして認識:強い手を持っているに違いない…フォールドした方が良さそうだな…
ルーズプレイヤーとして認識:今回は強いのかな、弱いのかな、どっちだろ

タイトプレイヤーとして認識してもらえば、あなたのアクションをそのまま汲み取ってくれます。仮にあなたのハンドが弱くても、相手はあなたのベットをリスペクトしてフォールドしてくれる可能性が高まります。

その一方で、ルーズプレイヤーとして認識されると、ベットするたびに強いのかどうかを疑われます。さらに「弱いくせにベットしてきた」と思われると、相手が強いハンドを持っていなくてもリレイズして無駄にポットが大きくなります。

ルーズプレイは、相手の行動の予測を困難にします。ある程度ポーカーに慣れて、初心者狩りが出来るようになってからルーズプレイを学んだ方が良いでしょう。

 

収支が大きく変動する

収支の変動は、あなたのモチベーションや心身の健康に大きな影響を与えます。ただ運が悪いだけで損してしまうと、ストレスだけかかってしまいます。あなたがすべきことは、平常心を持って正しい判断を繰り返すことです。勝率50%で収支を変動させても良い影響を与えないので止めましょう。

 

オールインにコールしなくても勝てる

実践に向けて覚えておくべきこと
  • 勝率50%でオールインすることは期待値がプラス
  • 勝率50%でオールインにコールすることは期待値がマイナス
  • 50%のギャンブルに参加することは、あなたに良い影響を及ぼさない
  • 相手のオールインレンジを推測して、相手よりも確実に強い時だけオールインにコールしよう

ポーカーは自分が有利な時にポットを大きくして、自分が不利な時にポットを小さくするゲームです。有利でも不利でもないゲームはどうでも良いゲームです。どうでも良いゲームでポットを大きくしてしまうと、ポーカーの収支は運による影響を大きく受けてしまいます。ポーカーで稼ごうと思うのであれば、運による影響を出来る限り小さくして、スキルで勝ちましょう。

おすすめの記事